電力自由化の知識を取り入れると光熱費がお得になる

プラントを建設者選定法

バイオ燃料

稼動プラントを視察する

バイオガス発電は、将来確実に訪れる化石燃料の枯渇に対応するために、優良な再生可能エネルギーの一つでとして注目されています。再生可能エネルギーには、太陽光発電、風力発電、地熱発電などがあり、すでに実用化技術が開発されプラントが稼動しています。バイオガス発電も、技術の開発は進んでおり、日本ではまだ一部地区での実験プラントに留まりますが、世界的には、ヨーロッパを始めとして普及が進んでいる実績がある発電方法です。バイオガス発電は、家畜のふん尿や食品廃棄物、木質廃材といった有機ゴミを原料として、嫌気性微生物の分解によりメタンガスを生成させ、そのガスを燃焼させることにより発電機のタービンを回して発電を行うシステムです。 発電を行う上で、業者による発電プラントの建設が必要になります。発電プラントは、多額の投資が必要で、原料により設計が違うので、原料に合わせたプラントの設計ができる業者に依頼するのが一番大切な点です。事前に原料の種類や含有成分・確保可能量などを把握の上発電システムを提案してくれる業者に依頼するべきです。可能であれば、依頼業者が設計した稼働中のプラントについて視察することも、業者の企画力や実践力を確認するにおいて非常に大切なことなので、業者選定の大きなポイントとなります。現地を目で確認し利用者の声を聞くことで、施工業者の支援体制や稼働後のアフターフォローについても確認できるので、多くの業者のバイオガス発電プラントを視察することが業者選びには必要で、バイオガス発電への知識も深まります。