電力自由化の知識を取り入れると光熱費がお得になる

安全確実な作業のために

電線工事

見積書をチェック

エアコンの移設やコンセントの追加、何かといってお願いすることの多い電気工事ですが、電気設備工事店はたくさんあって、業者によって価格や工事の質や保証も異なります。電気設備工事店に工事を発注する前に価格だけなく、総合的に判断して、安心して工事が任せられる業者を選ぶようにしてください。電気設備工事店に工事をお願いするときは、口約束だけで工事費を決めていたりはしないでしょうか。必ず見積書をもらうようにして、内容を確認するようにしてください。内容では総額が記載されているだけでなく、資材・部品代金と工事費がきちんと分かれていることを確認してください。資材・部品に関しては使っている製品のメーカーや型番が記載していることを確認してください。作業中の安全管理がきっちりなされているか、損害保険への加入がされているかを確認してください。電気工事は高所で行う作業が多いものです。高所作業は2人以上で行うことになっていますが、1人で行えば人件費を下げることができるため1人で行ってしまう電気設備工事店も少なくありません。高所での作業をお願いする時には作業者の人数を聞いてみると良いでしょう。また、作業者の不注意によって設備や器材を壊してしまった場合の補償がしっかりしているか、損害保険に加入しているかも確認する必要があります。作業後に発生する不具合に関してはどこまでアフターフォローで対応してもらえるかもチェックを入れて下さい。