電力自由化の知識を取り入れると光熱費がお得になる

安全確実な作業のために

電気設備工事店に作業をお願いする時には、見積書を確認して、内訳が細かく分かれているかを確認してください。また作業者の人数やアフターフォローに関しても、確認するようにして、必要により質問するようにしてください。

プラントを建設者選定法

バイオガス発電は、日本ではまだ普及は進んでいませんがヨーロッパでは普及が進んでいる実績がある発電方法です。業者選定の大きなポイントとして、多くの業者のバイオガス発電プラントを視察することが、業者の実力を確認する上で大切です。

電力を自由化する目標

家

賢い消費者になること

2016年から完全な電力自由化が開始されましたが、そもそも、電力自由化とは電力の「安定供給の確保」、「電気料金の抑制」、「自由度の高い電力システム」の3つが目標に掲げられています。1つ目の目標である電力の安定供給は東北の大震災において原子力発電が止まってしまったことで再生可能エネルギーへの期待が高まったことが原因です。風力や太陽光など様々なエネルギーを活用することによって、安定的に電力を供給するため、地域に応じた電力開発を目指しています。電力自由化によって、新電力による新たなエネルギーの開発を後押しします。2つ目の目標である電気料金の抑制は電力業界に競争性を導入することで電気料金の引き下げを狙います。実際、既存の地方電力会社も電気料金を引き下げることで顧客のつなぎとめを図っています。3つ目の自由度の高い電力システムは、電気料金の抑制にも資するものですが、通信会社が携帯電話とのセットプランで電気料金を割り引いたり、光電話とのセットで割り引くなど、様々な業種が電力事業に参入することによって、自由度の高いプランが提案されるようになります。電力自由化は、消費者にとっては様々な選択肢が広がり、消費者にプラスになる一方で、情報をきちんと集める賢い消費者になることが必要です。新電力の会社であっても電気自体は同じものですから、自分たちにとって有利な電気料金プランを自分で見つけて、乗り換えていく必要があります。

ネットで簡単見積もり

電力の自由化に伴い、安い電気料金に移行することができる時代となりました。そこでお勧めの比較方法が、インターネット上で掲載されているランキングサイトや口コミサイトの上位に上がっている電力会社から順番に電気料金を比較してみると良いでしょう。